スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲゲゲの女房の時代、貸本、漫画のお話 (マンガ)

僕らの子供時代(小学校低学年の頃)は、漫画は月刊誌と貸本屋の全盛でした。

当時、ラジオやテレビで人気だった
「まぼろし探偵」「少年ジェット」「赤胴鈴之助」「矢車剣之助」「ナショナルキッド」「七色仮面」
「鉄腕アトム(実写)」「鉄人28号(実写)」等々
は、みんな月刊誌に掲載されていました。


まんが1
赤胴鈴之助 少年ジェット まぼろし探偵 ナショナルキッド 七色仮面

月刊漫画の主なものは、「ぼくら」「(おもしろブック)少年ブック」「日の丸」「冒険王」「漫画王」「少年」「少年画報」「(幼年ブック)日の丸」といったところでしょうか?
(まだ他にもあったんでしょうが、私が目にしたものだけを書かせていただきます。)
よく友達と回し読みや交換したりして読んで、手に入らないものを貸本屋で借りてていました。
貸本漫画よりこの月刊誌の方が人気で発売日には先を争って借りたものです。

まんが2


ゲゲゲの水木先生の漫画は、私は貸本屋の分厚い漫画でしか読んだ事がなく月刊誌ではあまり見かけませんでした。

この頃から、ねずみ男は出ていましたね、妖怪が人間の魂(人魂のかたち)を美味しそうに食べているところが印象に残っています。
ドラマにでてくる「少年ランド→少年マガジン」「ゼタ→ガロ」が登場するのはもう少し後のお話になります。
貸本屋の作家では戦記漫画のヒモトタロウさん、青春漫画の山本まさはるの「中村君」シリーズが好きでした。

貸本漫画からデビューした人は多いのですが、水木先生と同じように、紙芝居→貸本屋と同じ道を進んだ漫画家に「カムイ伝」の白土三平、「子連れ狼」の小島剛夕(少年誌でのペンネームは諏訪 栄(多分出身の、四日市市の諏訪栄町からとった?))がいます。

この頃、松本零士が松本あきらの名前で「ララミー牧場」「赤いスピンナー」「電光オズマ」なんか描いてました。

この後、月刊誌から週刊誌に時代は変化していきます。

20世紀漫画家コレクション8弾「楳図かずおの世界」 6個入り1BOX未開封:大人買い卸販売 【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】
20世紀漫画家コレクション8弾「楳図...
1,512円
商品ページへ
Ads by 電脳卸

赤塚不二夫の世界【食玩・駄菓子等の卸売問屋(有)みぞた商店】
赤塚不二夫の世界
1,533円
商品ページへ
Ads by 電脳卸

メモリスロット付レコードプレーヤー【通販市場】
メモリスロット付レコードプレーヤー
10,500円
商品ページへ
Ads by 電脳卸
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

yuuzilo

Author:yuuzilo
「だんかいさんのさんぽ」へようこそ。このプロフィール写真に気づかれた方、猫BLOGではshimaです。
こちらもヨロシクね!

最新記事
記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
Really funny stuff - funny funny videos and photos at Izismile.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。