スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォークソングブーム-2

思い出のネコ-2
あくび
この子はあくびといいます。
マンションの駐車場で兄妹(姉弟)?で捨てられていたのを保護して、
「あくび」「いびき」と名付けました。
「いびき」はグレー1色のロシアンブルーのような子で
里親さんが見つかったのですが、
「あくび」はみつからずに大きくなってしまい、うちの子になりました。


カレッジフォーク
その名のとおり、大学生の間で流行っていたフォークソングで、
    主に私立大学に通う良家の子女を中心にしたボンボンのグループ。


バラが咲いた/マイク真木1966

カレッジフォークブームの火つけ役。
この頃、マリアナ沖で台風による日本漁船遭難事故があり209人の方が亡くなられた。
その事故を題材にした「マリアナの海」というオリジナル曲を歌われていたんですが、
どこを探しても痕跡もありません(Wikiにもない)。良い歌でしたよ。


かわいそうな娘 /ヘンリ
ー1966
ふぇ

マイク真木の友人という触込みでした。

勝ってに選んだ1966年の出来事
●新東京国際空港の建設予定地を成田市三里塚に決定
●100円札の廃止を決定
●日産自動車とプリンス自動車とが合併
●物価:葉書 7円 封書 15円 大卒初任給 24.890円
●自動販売機の普及で百円玉が不足
●怪獣ブーム始まる(ウルトラQ)
●常磐ハワイアンセンター開業
●NHK「おはなはん」茶の間を独占
●都営住宅の申込に2万人が殺到し、警官が出動
●戦後最大の交通ゼネスト 国労・動労・全日交が共闘し24時間ストに突入
●ザ・ビートルズ来日
●都立高校入試に学校群制度導入
●中国で文化大革命が始まる
●ワシントン、ニューヨークなどで大規模なベトナム反戦デモ

スカイライン
ニッサンではない、プリンススカイライン(2代目)。
ファミリーセダンというより、スポーツセダンというイメージで
スカイライン伝説はここから始まった。


hosizol
空に星があるように/荒木一郎
1966

荒木一郎さんは、フォークというより歌謡曲になるのかもしれません。
同時代で僕の中ではフォークのイメージがあるので…。

この曲は、東海ラジオの『星に唄おう』のテーマ曲でした。
DJは荒木一郎さん、スポンサーは確か森永製菓。
夜、ラジオで番組の頭にこの歌が流れると、優しい気持ちになったものです。
「赤尾の豆単」の時代です。
「マグマックス・ファイブ」というバンドと活動していたので、分類はGSかも知れません。
TVドラマ「ハローCQ」に準主役で出てました、アマチュア無線がブームの時でハム仲間は
みんな見ていたんじゃないでしょうか?開局してませんが電話級です、高校時代はクラブでYLさん
待ってました(笑)。


hana

デビューした時は、いきなりお嬢様が出てきた感じで好感は持てなかったですね、
でも実力はありました。今の森山良子さんはファンです。
僕的には「雨上がりのサンバ」が好きですね。


勝ってに選んだ1967年の出来事
●東洋工業、ロータリーエンジン搭載のコスモスポーツを発売
●JCB、日本初の国際クレジットカードを発行
●物価:理髪料 420円 大卒初任給 26.150円
●ミニスカートブーム到来
●グループサウンズブーム爆裂
●ゴーゴー喫茶
●アングラブーム
●フーテン族
●サユリスト
●寺山修司、横尾忠則ら、劇団「天井桟敷」を創設
●世界ヘビー級チャンピオンのカシアス・クレイが、徴兵宣誓を拒否したため世界ボクシング協会はタイトルを剥奪
●ベトナム反戦をテーマにしたミュージカル「ヘアー」がブロードウェーで初演


ふーてん
フーテン族
新宿東口に集まる長髪にラッパズボン、デザインサングラスの格好で、
定職に就かず、無気力な若者集団をフーテン族と呼んだ。
永島慎二さんのマンガ「フーテン」をよく読んで、
ハイミナールでハイチャンなんてこのマンガで知りました。

でもでも、思い出してみると
これより少し後、僕の格好は、長髪にサファリジャケット、ベルボトムのジーンズに
ハイヒールという格好(汗)。
無気力じゃなかったけど…。


君について行こう/シャデラックス
1966

実力派カレッジフォーク
地味だけど上手かったよね、「君について行こう」は“この国を~”なんて言われるとピンと来なかったです。
B面の「恋する娘たち」の方が好きなんですが、この曲にしても甘い恋の歌じゃなくて大地に足を踏ん張って
力強く生きる、コルホーズの女性を歌ったような歌でした。


あの頃、よく見かけたスピッツは最近見かけませんね。
キャン!キャン!うるさかった。

0136


若者たち/ザ・ブロードサイド・フォー 1966

「星に祈りを」も中々良い歌です。
テレビドラマでもお馴染みですね、出演されていた加藤剛さんはネコ好きでも有名でした。




懐かしのCM 日立ルームクーラー 1966年 ウエスタン編
-1966

この頃、ウエスタンも流行ってましたね、ジミー時田さんのユー・オール・カムなんて
歌ってました。


関西アングラフォーク系

アングラフォークってよく分からないんですが、
   当時流行っていたアンダーグラウンド演劇にあやかって
     「アングラフォーク」と呼んだそうです。


帰ってきたヨッパライ/フォーククルセイダーズ
1967
ふぇ

フォークの本場、関西(京都)からふざけた歌でデビュー、大ヒットしました。
大人気にもかかわらず、結成から3年で解散してしまった。
イメージが何となくビートルズとダブります。

ふうせん
遠い世界に/五つの赤い風船 1967


赤い風船に乗って雲の上を歩いて見ようか~  
              お空の風をもらって帰って~

何とものどかな、きれいな歌だなぁと思いました。


受験生ブルース / 高石友也1968

アングラフォークの元祖。「想いでの赤いヤッケ」は山の歌で大好きな歌です。
旺文社のラジオ講座を思い出します。


「想いでの赤いヤッケ」ナターシャセブン
慶應義塾大学山岳部 菊池平三郎作詞、三沢聖彦作曲。


青年は荒野をめざす /ザ・フォーク・クルセダーズ1968
<
五木寛之さん作詩。
上京する新幹線の中で、心にこの歌が流れてました(笑)。




スポンサーサイト
プロフィール

yuuzilo

Author:yuuzilo
「だんかいさんのさんぽ」へようこそ。このプロフィール写真に気づかれた方、猫BLOGではshimaです。
こちらもヨロシクね!

最新記事
記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
Really funny stuff - funny funny videos and photos at Izismile.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。