感動の作曲家、古関裕而

マメ捕獲!
mk
1ヶ月ぶりに、逃亡したマメを捕獲できました。捕獲器に入らず、ケージの罠にも入らなかったマメ、
最初に保護した時と同じ方法、餌付けして食べてるところを捕まえました。(マメは食べ物には弱いんです)



感動のあるところに、作曲家 古関裕而
1909年(明治42)ー1989年(平成元)

めい
従五位勲三等瑞宝章、紫綬褒章受勲受章。

明治42年福島市生まれ、
旧制福島商業学校卒業
卒業後、川俣銀行に勤務。
家業の破綻により、生活のため山田 耕筰の推薦で日本コロムビアに作曲家として入社。

1929年、チェスター楽譜出版社の作曲コンクールに入選、
日本人として初めて国際的コンクールに入選した作曲家。

早稲田大学応援歌「紺碧の空」、慶應義塾大学応援歌「我ぞ覇者」、東京農業大学応援歌「カレッジソング」、中央大学応援歌「あゝ中央の若き日に」、 全国高等学校野球選手権大会の大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの応援歌「六甲颪」、読売ジャイアンツの応援歌「闘魂こめて」、東京五輪のオリンピックマーチなどの、多くの応援歌、行進曲の作曲を手がけ、和製スーザと呼ばれる。

スーザ=ジョン・フィリップ・スーザ。
アメリカの作曲家、100曲を越える行進曲を作曲したことから、マーチ王と呼ばれる。

っB
福島にある古関裕而記念館。


東京オリンピックの開会式をテレビで見た時、各国選手団の入場行進で聞いた
軽快でリズミカルなマーチがとても印象的で「東京オリンピック」と聞くと真っ先に
オリンピック・マーチを思い出します。
作曲者の古関裕而さんは「オールスター家族対抗歌合戦」の審査員で名前だけは聞いていましたが
こんな素晴らしい曲を作られたんですね…。

調べてみると僕たちの親の世代で、作られた曲も古いものが多いですが知っているものも多々ありました。




東京オリンピックマーチ


アジアで初めて開催された東京オリンピック、閉会式で各国の選手たちが一つの大きなグループになった姿に感動しました。


栄冠は君に輝く
 ~全国高等学校野球選手権大会の歌~

春と夏、16万8488人の球児が目指す甲子園、感動の生まれるところ。
lp



戦前~戦中期の曲
1931年「紺碧の空 - 早稲田大学応援歌~」/「船頭可愛いや」/「東京農業大学応援歌 カレッジソング」/「大阪タイガースの歌(六甲颪)」/「慰問袋を」/「彈雨を衝いて」/「露營の歌」/「愛國の花」/「婦人愛國の歌」/「暁に祈る」/「嗚呼北白川宮殿下」/「海の進軍」/「英國東洋艦隊潰滅」/「斷じて勝つぞ」/「防空監視の歌」/「大東亞戰争陸軍の歌」/「シンガポール晴れの入城」/「みなみのつわもの」/「大南方軍の歌」/「海を征く歌」/「戰ふ東條首相」/「あの旗を撃て」/「かちどき音頭」/「決戦の大空へ」/「若鷲の歌(予科練の歌)」/撃ちてし止まん」/「ラバウル海軍航空隊」/「制空戰士」/「雷撃隊出動の歌」/「臺灣沖の凱歌」/「フィリピン沖の決戦」/「嗚呼神風特別攻撃隊」/「比島決戦の歌」/「アイウエオの歌」/「特別攻撃隊『斬込隊』」/「我ぞ覇者」慶応大学応援歌


雷撃隊出動の歌~「穂高よさらば」の元歌


替え歌の方が、よく歌われていますが軍歌よりも、山男たちに愛される「穂高よさらば」の方が
古関さんの望む所でしょう。


六甲おろし

阪神ファンにはお馴染み「六甲颪」。意外に古く1936年にできたんですね。

はん


闘魂こめて

巨人軍の方は、ずっと後の1963年にできてます。

なが



歌謡曲も作曲されてます


高原列車は行く

この歌、懐メロで聞いて僕の名曲リストに入れました。

あこがれの郵便馬車

ゆ
これ、思いっきり古い歌ですが、昔 銀座のガード下に「セレナーデ」という小さなバーがあって
カラオケも無い時代にやたら古い歌を歌っていて憶えました。

写真は明治6年から大正15年まであった郵便馬車です。
でも、この歌の郵便馬車とは違うんでしょうね。


子供の頃聞いたあの歌が…
モスラの歌

モスラ 投稿者 amorphous001
昭和36年。これは友達と映画館で見ました。フランキー堺が出てたんですね…。

戦後の曲
「夢淡き東京」/「白鳥の歌」/「雨のオランダ坂」/「三日月娘」/「とんがり帽子/「栄冠は君に輝く」/「フランチェスカの鐘」/「長崎の鐘」/「イヨマンテの夜」/「別れのワルツ」/「ドラゴンズの歌」/「恋を呼ぶ歌」/「さくらんぼ大将」/「あこがれの郵便馬車」/「ニコライの鐘」/「黒百合の歌」/「君の名は」/「君いとしき人よ」/「ひめゆりの塔」/「みどりの馬車」/「高原列車は行く」/「サロマ湖の歌」/「花売馬車」/「荷物片手に」/ 陸上自衛隊隊歌「この国は」/陸上自衛隊隊歌「君のその手/「オリンピック・マーチ」/「スカーレット・オハラ」/「早慶讃歌~花の早慶戦~」/ 青年海外協力隊隊歌「若い力の歌」/「若鷲の歌」/「我ぞ覇者~慶應義塾大学応援歌~」/「アニメンタリー 決断」/陸上自衛隊隊歌「栄光の旗の下に」/ 「純白の大地(札幌冬季オリンピックの歌)」/ 海上自衛隊隊歌「海をゆく」/



長崎の鐘


多くの軍歌から一転、自らの作品で戦地に送られ散花した人への自責の念から、
書き上げた鎮魂歌『長崎の鐘』。


戦後の古関さんは、日本を音楽によって明るくするための活動に邁進していきます。
スポンサーサイト
プロフィール

yuuzilo

Author:yuuzilo
「だんかいさんのさんぽ」へようこそ。このプロフィール写真に気づかれた方、猫BLOGではshimaです。
こちらもヨロシクね!

最新記事
記事一覧
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
Really funny stuff - funny funny videos and photos at Izismile.com